スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハルケギニア茨道霧中 第十三話

アニメの方、なんかでっかい竜出てますけどどう話がまとまるんでしょ?
うちは来週なのですごい楽しみです

第十三話「焦燥と空転」
目次

第十三話「焦燥と空転」(軽量版)
目次(軽量版)

No title

ついにマリーがしゃべれるようになったか。

No title

お早い更新お疲れ様です。

マリー嬢もしゃべれるようになって、物語りに参加できるようになり本来なら親馬鹿子育て日記(育てられ日記w)とか楽しそうですが、物語が動き出しましたね。

一諸侯という小さな国の大きくない立場ながらも彼によって
物(領地や物資金品の流れ等)、人に決して小さいとは言えない波紋が起こったハルケギニアがどうなっていくか楽しみにしておりまする。

結構主要人物以外の見えないところでは、酷い事になってそうなこの原作。
・・・せめて手の届くところぐらいは幸せになって欲しいですねぃ。

No title

久しぶりに見たら話数が増えてて嬉しい限り。
原作がでは二巻以降?の山場だから学園に入学して二年目に王党派がたおれるはず。
レコンキスタの展開が早いような?数年単位で追い詰められると考えるとこんなものですかね?

学園の方、いわゆる原作に絡む暇がなさそうですね。

No title

更新お疲れ様です。
クロムウェルの背後にはガリア王国が居るからこそ潤沢な資金が動かせるのですよね。
そのガリア相手にトリステイン王国では、本当に必要な状態であっても、どう足掻こうが情報戦でも軍事力でも勝ち目はありませんから、ヴァリエール公爵の対応は正しいし、仕方が無いとも言えます。
まぁ、リジャールは兎にも角にも諸侯である以上、自国であるセルフィーユ領の安寧を第一に、第二にトリステイン王国の安寧といった形でいかないと、守りたい家族も守れなくなってしまいますからその覚悟を義父の背中を見ながら学ぶのにいい機会かもしれませんね。

最後にマリーが喋り始めましたね。
過労死寸前でも娘を可愛がろうとする超馬鹿親になるのか気になりますwww

それでは次回の更新もお待ちしております

No title

アニメゼロ魔は平均的な(ファンタジー的な意味で)終わり方でしたね。
四の四も終わってないし、出そうと思えば五期も出せるかも>ゼロ魔

No title

>レモン男爵 様
なりました
長かった……

>里 様
主人公の影響で良い方向に転んだものもあれば酷いことになっているものもあります
禍福は糾える縄の如しですねえ

>そい 様
原作ではレコン・キスタのクロムウェルの手にアンドバリ指輪が渡った時期からわずか数年で国が一度滅びてしまいました
その期間で準備から達成までとなるとこのあたりかなと考えています

>会う人 様
ガリアの人口と国土はトリステインの十倍以上(原作より)、それを国の安寧とか関係無しに火遊びへと使えてしまう無能王ですから、資金力は潤沢どころの話ではないと思っています

>「」様
OVAか五期か、はたまたリメイクか
ちょっと期待してしまいます
ラストにほんの一瞬だけですが、カトレアが出てて安心しました……

No title

こんにちは(^o^)/

すてきなブログですね。
私はその日の気になる話題を綴っています。
よかったら、お立ち寄りくださいませ。

No title

いつも拝見させていただいております。
またおじゃまします。

コメント

非公開コメント

プロフィール

棒の人

Author:棒の人
ぶろぐはじめましたー

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
いろいろー
今年のムカデ撃破数 大1 中2 小1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。